【比較】キャピキシルと他育毛成分の違い

【比較】キャピキシルと他育毛成分の違い

薄毛対策として期待できる成分のキャピキシルは、他の成分と比べて優れているのでしょうか。
育毛成分があると考えられている他の成分と比較してみました。
自分はどの成分を選んだら良いのか判断する際の参考にしてください。

【違い】キャピキシルvsリデンシル

リデンシルは以前から育毛成分が含まれていると話題になっている成分です。
スイスの化粧品原料を開発する企業が注目した成分でした。
リデンシルは特に頭皮のバルジ領域を活性化させ、健康な髪を育てていくと考えられています。
キャピキシルはAGAを進めてしまう男性ホルモンを抑える働きが優れています。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンを抑制するのに期待できる成分です。
リデンシルは髪を作り育てていく働きがメインなのに対し、キャピキシルは薄毛進行を抑制するのに優れている成分と考えると良いでしょう。

【違い】キャピキシルvsミノキシジル

ミノキシジルは医学の分野でよく使われている成分です。
AGA治療クリニックでも頻繁に処方される成分となっています。
厚生労働省が発毛作用がある成分と承認していますし、アメリカやインドでも薄毛対策のために使用されていますよ。
ミノキシジルは頭皮の血管を膨らませ、毛を育てる毛根に栄養をたくさん送る働きをします。
クリニックでは症状に合わせて二つの方法で処方されます。

  • ★外用薬
  • ★内服薬

外用薬は頭皮から毛包まで浸透していくため、変化が実感できるまでに時間がかかります。
内服薬は内部から血管に直接働きかけますから、外用薬よりは変化が早く出ると言われています。
ミノキシジルは医薬品のため、めまいなどの副作用があることを覚えておいてください。
キャピキシルは天然成分なので、副作用がミノキシジルよりは少なくなっています。

【違い】キャピキシルvsアデノシン

アデノシンは健康な細胞を生成するのに有効な成分と考えられています。
薄毛に対して、どんな変化が期待されているのでしょうか。

  • ★血行促進
  • ★発毛因子を活性化
  • ★毛の成長期を延長させる

アデノシンは血行を促進させ、毛の発育に必要な酸素と栄養を毛根へ届けてくれます。
さらにFGF-7という発毛因子を活性化させます。
髪の毛が一番育つ成長期の期間を長くし、健全なヘアサイクルへと整えてくれる変化も期待できます。
キャピキシルは抜け毛や薄毛を進行させる5αリダクターゼと言った成分を抑える働きがあります。
薄毛進行を食い止めようとするキャピキシルと、健康な毛を育てようとするアデノシンという特徴がありますね。

【違い】キャピキシルvsノコギリヤシ

ノコギリヤシは北米の南東部にあるヤシ科の植物です。
現地では体に良い植物として古くから重宝されてきました。
今ではノコギリヤシが薄毛治療が期待できるのではないかと考えられています。
薄毛が進行する理由は、5α還元酵素が悪さをすることです。
ノコギリヤシはこの5α還元酵素を抑える働きがあると注目されているのです。
キャピキシルも同じような働きがあると考えられているため、二つの成分の作用は似ていると言えます。
しかし、キャピキシルは科学的に検証されて開発された天然成分ですが、ノコギリヤシはまだまだ医学的根拠が不足している天然成分です。
効果を実感できるかどうかについては、キャピキシルの方が信頼できると考えられます。

【違い】キャピキシルvsフィナステリド

フィナステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
この治療薬を使用した患者さんの多くが、服用している途中で毛が濃くなってきたことから、発毛作用があるのではないかと注目されたのです。
研究が重ねられて、フィナステリドには発毛作用が期待できることが分かりました。
ヘアサイクルを乱す悪玉ホルモンをフィナステリドは抑制します。
発毛を促進するフィナステリドに対して、育毛を活性化させるキャピキシルと言った特徴があります。

【違い】キャピキシルvsリジン

髪の毛の9割はケラチンというタンパク質で構成されています。
リジンはケラチンを作るために欠かせないアミノ酸成分です。
薄毛の人がリジンを摂取していくと、今ある髪の毛が健康になりハリやコシが出てくると考えられています。
キャピキシルは薄毛になる原因を抑制し育毛を促していきます。
一方リジンは、生える髪の毛の質を高めてくれる成分です。

【違い】キャピキシルvsピディオキシジル

ピディオキシジルはミノキシジルと似た構成の育毛成分です。
ミノキシジルは発毛作用が期待できる割には、副作用も強いというデメリットがありました。
そのデメリットを克服するために開発されたのがピディオキシジルです。
ピディオキシジルは血管を拡張したり、毛母細胞を再生したりして発毛を促します。
キャピキシルは発毛と言うよりも、今ある毛が元気に育つようにする育毛が得意です。

【違い】キャピキシルvsプロキャピル

プロキャピルは脱毛を促進するDHTという成分の生成を抑えたり、頭皮の血行を改善したりする作用が期待できると注目されています。
キャピキシルもプロキャピルも天然成分をベースに開発された育毛成分です。
期待できる内容もよく似ている特徴があります。

どの成分を選ぶべき?

薄毛がまだそこまで進行していなくて、今ある髪の毛を健康にしたり抜け毛を減らしたりしたい場合にはキャピキシルとリジン、またはリデンシルの組み合わせがオススメです。
すでに薄毛がある程度進行していて発毛を期待する人は、どの成分を選んだら良いでしょうか。

  • ★キャピキシル
  • ★ミノキシジル
  • ★アデノシン

AGAの進行を抑えるキャピキシルと発毛効果期待できるミノキシジル、そして髪の成長期を延長するアデノシンを選んでください。
生活習慣が乱れていてヘアサイクルを整えたいというケースでは、ヘアサイクルを正常に戻す働きがあるフィナステリドを選ぶと良いでしょう。
さらに生活の乱れによる薄毛進行を食い止めるキャピキシルが配合されている育毛剤を選べば、より髪の毛を守ることが出来ます。
薄毛の進行を抑制し、育毛効果のあるキャピキシルは他の成分と組み合わせて使うと変化に期待できます。
自分の薄毛進行レベルに合わせて、必要な成分が配合されている育毛剤やシャンプーを選んでいきましょう。

page top